ハワイのレイ🌸

2019/08/13 ブログ

海、ハワイと聞くと レイ🌸ですね。

弊社でも散骨セレモニーの時には 必ずレイを手向けます。

今日はレイのはなしです。

初期のレイ

「レイ」としてのちにハワイで成熟した文化は、アジア経由でポリネシアの島々を伝わっていたとされています。4~5世紀(年代いは諸説あり)に南方のマルキーズ諸島やソシエテ諸島からハワイに最初にやってきて定住したしたとされているポリネシア人は、チャントや踊りなどの豊かな文化を持って、レイも彼らの文化の一つでした。万里の波濤をこえてたどりついたハワイでは、レイ作りに適した植物や花が咲き乱れ、カラフルな美しい鳥たちがたくさん住んでいて、ポリネシア人達は喜んだことでしょう。

フラを踊る女性、首には伝統的なマイレのレイ、手足にはククイのレイがつけられています。

昔のハワイでは、レイのうちのいくつかは特定の踊り(フラ)や宗教的な儀式に関連したもので、植物を使ったも最も初期のレイは、ハワイのマイレの葉と樹皮で作られたものや、ハラの実を繋げてネックレスにしたものなど。他にも種子、木の実、木、動物の骨や歯、鳥の羽根、貝殻、人の髪の毛などからレイがつくられていました。頭につけるものは、レイ・ポオ、首につけるのはレイ・アーイー、手首や足首につけるのはクーペエと呼ばれ、腕のいい職人は人々から尊敬されていました。

マッコウクジラの歯のレイ

マッコウクジラの歯をフックの形に彫り込んだものを、人の毛髪を使って堅く編んだ紐につけて首にかけるレイを、レイ・パラオア、レイ・ヒホ・パラオアと呼ばれ、最も崇高なレイは、位の高い貴族のシンボルであったといいます。

鳥の羽根のレイ

鳥の羽根から作られるレイは、レイ・フル・マヌと呼ばれ貴族たちは自分の権力を誇示するためにさまざまな色や模様のレイ・フル・マヌを競い合い、その為羽根の価値が上がり鳥を獲るための職業集団が活躍しました。森に住む小型の鳥の羽根が主に使われ、濃い黄色の羽根、次は明るい黄色の羽根、赤色の羽根と価値が高く、黒色と緑色は最も価値が低かったようです。そのため濃い黄色と、明るい黄色の鳥は残念ながら絶滅していまったそうです。

初期のレイ

「レイ」としてのちにハワイで成熟した文化は、アジア経由でポリネシアの島々を伝わっていたとされています。4~5世紀(年代いは諸説あり)に南方のマルキーズ諸島やソシエテ諸島からハワイに最初にやってきて定住したしたとされているポリネシア人は、チャントや踊りなどの豊かな文化を持って、レイも彼らの文化の一つでした。万里の波濤をこえてたどりついたハワイでは、レイ作りに適した植物や花が咲き乱れ、カラフルな美しい鳥たちがたくさん住んでいて、ポリネシア人達は喜んだことでしょう。

フラを踊る女性、首には伝統的なマイレのレイ、手足にはククイのレイがつけられています。

昔のハワイでは、レイのうちのいくつかは特定の踊り(フラ)や宗教的な儀式に関連したもので、植物を使ったも最も初期のレイは、ハワイのマイレの葉と樹皮で作られたものや、ハラの実を繋げてネックレスにしたものなど。他にも種子、木の実、木、動物の骨や歯、鳥の羽根、貝殻、人の髪の毛などからレイがつくられていました。頭につけるものは、レイ・ポオ、首につけるのはレイ・アーイー、手首や足首につけるのはクーペエと呼ばれ、腕のいい職人は人々から尊敬されていました。

マッコウクジラの歯のレイ

マッコウクジラの歯をフックの形に彫り込んだものを、人の毛髪を使って堅く編んだ紐につけて首にかけるレイを、レイ・パラオア、レイ・ヒホ・パラオアと呼ばれ、最も崇高なレイは、位の高い貴族のシンボルであったといいます。

鳥の羽根のレイ

鳥の羽根から作られるレイは、レイ・フル・マヌと呼ばれ貴族たちは自分の権力を誇示するためにさまざまな色や模様のレイ・フル・マヌを競い合い、その為羽根の価値が上がり鳥を獲るための職業集団が活躍しました。森に住む小型の鳥の羽根が主に使われ、濃い黄色の羽根、次は明るい黄色の羽根、赤色の羽根と価値が高く、黒色と緑色は最も価値が低かったようです。そのため濃い黄色と、明るい黄色の鳥は残念ながら絶滅してしまったそうです。今ではミュージアムや王家ゆかりの地で見ることが出来ますよ。ぜひ一度 ご覧くださいね。

生前、ハワイの海で散骨をご希望された故人様の願いを叶えたい方はお気軽にロイヤル・クルーズへお問い合わせください。

会社名:株式会社三幸

住所:東京都中央区入船3丁目1-10

電話番号:03-5541-7738

メールアドレス:info@hawaii-sankotsu.jp