世界は海でつながっている。

2019/10/16 ブログ

もしも、大切な方が亡くなってしまったときに、何をしてどのような形で見送りたいでしょうか?まだまだ、日本では、主流がお墓への納骨、しかし最近日本でも希望者が増えてる方法があります。それは 海洋散骨です。

お墓に納骨せずに、故人が自然へと還ることを願って海へと散骨します。もともとはハワイで広く知られていましたが、最近では日本でも知られるようになりました。

海洋散骨の自然に還るという理念は多くの方々に共感を呼んで現在では著名な方々も選択しています。

有名なハワイ出身のサーファーはワールドツアー大会期間中に体調を崩しその直後に32歳という若さで突然他界しまいました。散骨には多くの方々が集まって、見送りました。

ハワイでは比較的になじみのある文化が海洋散骨です。皆、どんな想いで見送り、携わっている人々はどのような想いで活動しているのでしょうか。

海を見ると落ち着く、海が見たい、水の音が羊水を連想させて気持ちを浄化させる効果があると聞いたことがあります。海をながめていると、あの先にはどんな人が住んでいるのだろうか?今、海のなかではどんな魚が生活しているのだろうか???

ずーっとっ先の海に何があるのだろうかと、じーっと眺めていました。

生前、ハワイの海で散骨をご希望された故人様の願いを叶えたい方はお気軽にロイヤル・クルーズへお問い合わせください。

会社名:株式会社三幸

住所:東京都中央区入船3丁目1-10

電話番号:03-5541-7738

メールアドレス:info@hawaii-sankotsu.jp